戻 る                                                                    HOME
                                                                              
              遺言公正証書作成の手数料
                                                 
小岩公証役場

    遺言公正証書作成の手数料は以下のとおりです。1と3に、遺言内容等により、2、4、
   5、6が加算されるという関係にあります。

   1 基本手数料
   2 遺言加算(遺産総額が1億円以下の場合)
   3 文書料
   4 祭祀主宰者指定費用(祭祀の主宰者を指定する条項を入れる場合)
   5 証人費用(証人の手配を当役場に依頼する場合)
   6 出張日当・旅費等(公証役場以外に出張して作成する場合)



 
1 基本手数料
   遺産を相続・遺贈する対象者ごとに、対象財産の評価額の合計を算出し、その価額のランクに該
   当する手数料を、対象者全員分合計した額が基本手数料です。
   対象財産の価額のランクと該当手数料は、次のとおりです。なお、「以下」とは、その金額ちょ
   うどの場合を含みます。

    @ 100万円以下             5000円
    A 100万円を超え200万円以下     7000円
    B 200万円を超え500万円以下   1万1000円
    C 500万円を超え1000万円以下  1万7000円
    D 1000万円を超え3000万円以下 2万3000円
    E 3000万円を超え5000万円以下 2万9000円
    F 5000万円を超え1億円以下    4万3000円
    G 1億円を超え1億5000万円以下  5万6000円
    H 1億5000万円を超え2億円以下  6万9000円
    I 2億円を超え2億5000万円以下  8万2000円
    J 2億5000万円を超え3億円以下  9万5000円
    K 3億円を超え3億5000万円以下 10万6000円

   評価は、不動産の場合は直近の固定資産評価(借地の場合は路線価と借地権割合で算出)、預貯
   金は現在の残高、株式その他の有価証券や出資金はその価額によります。
   評価不能の財産は1万1000円とします。

   例えば、妻に固定資産評価額合計5000万円の土地建物を、長男と長女と二女に9000万円
   の預貯金を3分の1ずつ相続させるという場合は
    妻取得分  5000万円   手数料2万9000円
    長男取得分 3000万円   手数料2万3000円
    長女取得分 同額          〃
    二女取得分 同額          〃
   合計2万9000円+(2万3000円×3)=9万8000円となります。

 2 遺言加算
   遺産の総額が1億円以下のときは、上記の額に1万1000円が加算されます。
   上記の例では総額が1億4000万円であり、1億円を超えていますからこの加算はありません
   が、上記の例で例えば預貯金が3000万円であれば、総額8000万円ですから
    妻取得分手数料2万9000円
    長男・長女・二女取得分各1000万円の手数料各1万7000円に
    遺言加算1万1000円が加わり、合計9万1000円となります。

 3 文書料
   原本及びお渡しする正本・謄本の紙の枚数により、1枚あたり250円で算出される費用です。
   原本については4枚を超える部分が対象となります。
   したがって、遺言公正証書が10頁(末尾の公証人の署名部分や別紙等を含む)ですと、通常は
   正本1通、謄本1通をお渡ししますので、
   (原本分6枚+正本10枚+謄本10枚)×250円=6500円となります。
   遺言者の希望により謄本を2通以上お渡しする場合も、同様の計算となります。

 4 祭祀主宰者指定条項
   祖先の祭祀を主宰すべき者を指定する条項を入れる場合、別途1万1000円が加算されます。

 5 証人費用
   当役場で証人を手配する場合の証人の手数料は次のとおりです。
    原則    証人1名につき6000円
    夫婦の遺言 ご夫婦お2人の立会分をまとめて、証人1名につき9000円
    出張の場合 旅費込みで、証人1名につき9000円
   以上は証人1名分ですので、2名を依頼すると、この倍額になります。
   証人の手数料は、証人の方おひとりずつに直接お支払い下さい。

 6 出張日当・病床加算・交通費
   自宅・施設・病院など、役場外に出張して遺言公正証書を作成する場合、日当として、執務時間
   4時間以内1万円、4時間を超えるときは2万円が加算されます。また、遺言者の病床で作成す
   る場合は、前記1及び4の額が通常の1.5倍となります。

   以上に加えて、役場からの往復のタクシー代等の交通費実費をお支払いいただきます。


                                             戻 る